第7回 国際ジュニアキックボクシング チャンピオン決定戦 試合結果

2014年12月7日(日)

まず最初に各自の目標に向け頑張った選手の皆さんをはじめ保護者の皆様お疲れ様でした。
また、大会関係者の皆様には厚く御礼を申し上げます。
三郷市総合体育館にて、第7回国際ジュニアキックボクシングチャンピオン決定戦・ワンマッチ交流戦が開催されました。

続きを読む

第7回 国際ジュニアキックボクシング・チャンピオン決定戦・ワンマッチ交流大会

NPO法人 国際キックボクシング文化振興協会

http://www.cc9.ne.jp/~k-k/bumonkai/jrkick_top.htm

 


【大会名】

第7回 国際ジュニアキックボクシング・チャンピオン決定戦・ワンマッチ交流大会


【開催日】

平成26年12月7日(日)


【エントリーチェック】

午前9:10分~


【計量】

午前9:10分~


【開会式】 

午前10:00分~ 


【試合開始】 

午前10:15分~


【会場】  

三郷市総合体育館 (埼玉県三郷市茂田井2番地)


【主催】

NPO法人 国際キックボクシング文化振興協会


【出場資格】

男女 幼児、小学生、中学生


【Aクラス トーナメント チャンピオン決定戦】

各階級毎エントリー制トーナメント。

各階級現チャンピオン又は

過去の国際ジュニアキック大会において優勝及び準優勝者。

又は道場(ジム)推薦者。


【Bクラス ワンマッチ交流大会】

各種大会で概ね2勝以上5勝以下の者、

或いは道場(ジム)責任者が出場するに足りると認めた者。


【Cクラス ワンマッチ交流大会】

今回がデビュー戦の者、或いは各種大会で1勝以下の者、

又は道場(ジム)責任者が出場するに足りると認めた者。


【階級】

モスキート級(25Kg以下)

スーパーモスキート級(28Kg以下)

フライ級(31Kg以下)

スーパーフライ級(34Kg以下)

バンタム級(37Kg以下)

スーパーバンタム級(40Kg以下)

フェザー級(45Kg以下)

ライト級(50Kg以下)


主催者が指定した体重計量の結果が、競技者の提出した申込書の申告体重に適合しない場合、原則としてその競技者は失格となる。但し、その不適合が1.5Kg未満、かつ主催者が認めた場合については、オーバー1Kgにつき、減点1として試合は行われる。

しかし、チャンピオン決定戦では、リミットで行われる為、申告体重をオーバーした場合は失格となりますので各自厳守して下さい。


競技者は、大会がスポーツにおける青少年健全育成事業の目的である前提を自覚し、けして無理な減量をしてはならない。又、監督・保護者はさせてはならない。たとえ競技者が体重計量に適合したとしても体調不良が認められた場合は試合をさせる事はできない。


【判定方式】

ジャッジは3名で減点方式を採用。同点数の場合はレフェリーの判定権限で勝利者を決定する。

試合はヘッドギア、グローブ、ファールカップ、すねサポーター、ヒザサポーターを着用。

(ファールカップ、すねサポーター、ヒザサポーターは各自で準備のこと)


【その他】

※IJKF公式競技規則・試合案内書を参照して下さい。

※計量は責任者立会いの下、行うこと。

※服装はトーナメント、ワンマッチ共に上はTシャツ、下はキックトランクスを着用する。

※事故・病気等・対戦相手欠場により試合が組めない場合があります。 

※昼食は各自用意して下さい。

※尚、御不明な点がございましたら大会事務局までお問い合わせ下さい。

※あくまでも予定なので都合上、変更する場合がありますのでご了承下さい。


NPO法人 国際キックボクシング文化振興協会

http://www.cc9.ne.jp/~k-k/bumonkai/jrkick_top.htm


ブログ編集部担当からでした

KICK Insist 4

2014.11.16(日)


東京ディファ有明  OPEN16:00  START16:15


KICK Insist 4

■第16試合 メインイベント 日泰国際戦5vs5マッチ 60kg契約 3分5R
蘇我英樹(市原ジム/WKBA世界スーパーフェザー級王者)
ピングン・ソータワルン(タイ/元BBTVフェザー級2位)
■第15試合 メインイベント 日泰国際戦5vs5マッチ 62kg契約 3分3R
翔栄(治政館ジム/日本ライト級王者)
ヒンチャーン・ソーピチット(タイ)
■第14試合 メインイベント 55kg契約  3分3R
ユウ・ウォーワンチャイ [大田原友亮](B-FAMILY NEO/UKF世界スーパーバンタム級王者)
古岡大八(藤本ジム/日本バンタム級2位)
■第13試合 セミファイナル 日泰国際戦 5vs5マッチ 58.5kg契約 3分3R
拳士浪(治政館ジム/日本フェザー級3位)
キヨソンセン・FLYSKY GYM(タイ/元豪州ライト級王者)
■第12試合 セミファイナル 日泰国際戦5vs5マッチ 58kg契約 3分3R
石原將伍(ビクトリージム/日本フェザー級4位)
ダゥサゴン・ラジャサクレック(タイ)
■第11試合 セミファイナル 日泰国際戦5vs5マッチ 59.5kg契約 3分3R
白木伸美(トーエルジム/日本フェザー級7位)
ジラ・サシプラパー(タイ/元ボクシング・ルンピニー・バンタム級1位)
■第10試合 ヘビー級 3分3R
柴田春樹(ビクトリージム/日本ヘビー級1位)
蛯澤克治(大誠塾)
■第9試合 63.5kg契約 3分3R
永澤サムエル聖光(ビクトリージム/日本ライト級3位)
凌太(OGUNI GYM/NJKFライト級2位)
■第8試合 ウェルター級 3分3R
木村旭洋(伊原道場/日本4位)
山本大地(誠真ジム)
■第7試合 67.5kg契約 3分3R
HIROKAZU(誠真ジム/日本ウェルター級6位)
MASATO(治政館ジム)
■第6試合 バンタム級 3分3R
AKIHIRO(ビクトリージム/日本7位)
佐野貴信(創心会)
■第5試合 フェザー級 3分3R
櫓木淳平(ビクトリージム/日本9位)
成澤 龍(SRC)
■第4試合 ライト級 3分3R
興之介(治政館ジム)
高山 裕喜(RICE GATE)
■第3試合 バンタム級 3分2R
石川直樹(治政館ジム)
山野英慶(市原ジム)
■第2試合 フライ級 3分2R
細田昇吾(ビクトリージム)
遠山翔太(モンスタージム)
■第1試合 フェザー級 3分2R
金子大樹(ビクトリージム)
深水康弘(トーエルジム)





新日本キックボクシング協会

KICK Insist4 大会情報☆全対戦カード決定‼︎ 



≪チケット料金≫
SRS¥15000 RS¥10000  A¥7000 B¥5000 立見(当日)¥4000


≪お問い合わせ≫ 
ビクトリージム 
TEL 0493-25-3338


≪主催≫    
治政館ジム・ビクトリージム


≪認定≫    
新日本キックボクシング協会


≪後援≫ 
東京スポーツ/東京中日スポーツ/GONKAKU/NPO法人 

国際キックボクシング文化振興協会







応援よろしくおねがいします







ブログ編集部担当からでした

 

MAGNUM 36 試合結果

2014.10.26(日)

MAGNUM 36

後楽園ホール



▼第8試合 63.5kg契約 3分3R
×勝次(藤本ジム/日本ライト級1位)
ガンスワン(タイ/元ラジャダムナン・スーパーライト級王者)
判定0-2 (29-30/29-29/28-29)

▼第5試合 ライト級 3分3R
△春樹(横須賀太賀ジム/日本ライト級4位)
福岡直也(治政館ジム/日本ライト級6位)
ドロー 判定1-0 (29-29/30-29/30-30)

▼第4試合 56kg契約 3分3R
△阿部泰彦(JMN/日本バンタム級3位)
がってん古川(治政館ジム/元日本フライ級1位)
ドロー 判定1-1 (30-30/30-29/29-30)



応援していただいたみなさま、ありがとうございました

ブログ編集部担当からでした

MAGNUM 36

2014.10.26(日)


後楽園ホール


MAGNUM 36


■第8試合 63.5kg契約 3分3R

勝次(藤本ジム/日本ライト級1位)

VS
ガンスワン(タイ/元ラジャダムナン・スーパーライト級王者)

■第5試合 日本ライト級 3分3R
春樹(横須賀太賀ジム/日本ライト級4位)
VS
福岡直也(治政館ジム/日本ライト級6位)


■第4試合 56kg契約 3分3R
阿部泰彦(JMN/日本バンタム級3位)
VS
がってん古川(治政館ジム/元日本フライ級1位)




応援よろしくおねがいします







ブログ編集部担当からでした

第4回ジュニアキックボクシング関東大会 試合結果

2014年9月21日(日)

まず最初に各自の目標に向け頑張った選手の皆さんをはじめ保護者の皆様お疲れ様でした。

また、大会関係者の皆様には厚く御礼を申し上げます。

群馬県総合スポーツセンターにて、

第4回ジュニアキックボクシング関東大会が


開催されました。

年末に開催される、国際ジュニア チャンピオン決定戦の

出場権をかけて、激しい戦いが繰り出されました。

治政館ジム三郷本部より各階級別に8名の選手が出場

みんな頑張りました



【試合結果】


■-20Kg/Aクラス


篠田結楽

1回戦判定負け



■-25Kg/ABクラス


伊藤健太郎

1回戦判定勝利→決勝戦判定負け



■-31Kg/BCクラス


片原樹

1回戦判定勝利→決勝戦判定勝利→優勝



■-31Kg/ABクラス


板谷柳星

1回戦判定負け



■-31Kg/ABクラス


伊藤健斗

1回戦判定勝利→2回戦判定勝利→決勝戦KO勝利→優勝



■-34Kg/BCクラス


木幡紀帆

1回戦判定勝利→決勝戦判定勝利→優勝



■-50Kg/ABクラス


永富寛

1回戦判定負け



■-50Kg/ABクラス


岡本基康

1回戦判定勝利→決勝戦延長判定勝利→優勝

大会関係者のみなさま、


応援していただいたみなさま、


ありがとうございました




選手のみんな

ブログ編集部担当からでした